アイコン診療案内/審美歯科・ホワイトニング

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

審美歯科・ホワイトニング

こんなお悩みありませんか?

image

  • ●歯を白くしたい
  • ●詰めもの・被せものの変色が気になる
  • ●笑った時に見える銀歯が気になる
  • ●前歯の隙間や形が気になる
  • ●笑った時に見える歯ぐきが気になる
  • ●歯ぐきの黒ずみをなくしたい

審美歯科とは、美しい歯並びや歯肉なども含めた口腔内全体のトータル的なバランスの良い環境づくりを行い、そのひと本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としています。見た目の美しさはもちろん、歯茎との調和や噛みやすさ・食事のしやすさなども考慮して機能性も重視した、美と健康を取り戻すための治療なのです。歯の形やバランスを整えると、必然的に見た目も改善され、身体の機能向上にもつながります。

当院では、「自費診療の詰めものや被せもので見た目や機能性を重視したい!」「金属アレルギーがあるから心配…」といったお悩みをお持ちの方でもご安心いただけるよう、被せものや詰めものの材料を種類豊富にご用意しております。お口の状態から、ご希望の治療が行えない可能性もありますが、ご要望を伺った上で精密な検査と診断を行いますので、まずはお気軽にご相談ください。

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

詰めもの(インレー)・被せもの(クラウン)

  • メタルインレー

    メタルインレー

    強度が強いため、金属自体が割れたり欠けたりすることはほとんどありませんが、硬すぎるために噛み合う歯を傷めてしまうことがあります。

    審美性△/耐久性◎/清潔さ〇

  • ジルコニアセラミッククラウン

    ジルコニアセラミッククラウン

    ジルコニアセラミックは、内面に白色のジルコニア(人工ダイアモンド)を使用し、その外面をセラミックで覆ったものです。審美的で、金属アレルギーの心配もなく、強度もあります。

    審美性〇/耐久性〇/清潔さ〇

  • セラミックインレー

    セラミックインレー

    100%セラミック(陶器)の詰め物です。年数がたっても水分などを吸収せず、変色にも強く、きれいな状態を維持することができます。金属アレルギーの心配もありません。

    審美性◎/耐久性〇/清潔さ◎

  • オールセラミッククラウン

    オールセラミッククラウン

    素材の全てにセラミックを使用し、天然歯とほとんど見分けがつかないほど自然で美しい見た目を再現できます。金属を一切使用しないため、歯ぐきの変色やアレルギーの心配がありません。

    審美性◎/耐久性〇/清潔さ◎

  • ラミネートベニア

    ラミネートベニア

    歯の表面を、エナメル質の範囲内でわずかに削り(削らない場合もあります)、特殊な接着剤で、セラミック素材を薄く貼り付ける方法です。歯の形、大きさ、色、歯並び、歯のすき間を改善したい場合、つまり審美的回復に有効な治療です。

    審美性〇/耐久性〇/清潔さ〇

  • ハイブリッドセラミック

    ハイブリッドセラミック

    セラミック材料(陶器)にレジン材料(合成樹脂)を配合させた素材のこと。 天然の歯と同じ硬さの強度があり、主に奥歯のインレー(詰め物)に使用される。

    審美性△/耐久性◎/清潔さ〇

  • メタルクラウン

    メタルクラウン

    一般的に知られる銀歯です。保険が適用されるため安価で、金属なので強度があり、丈夫です。
    そのため、ほとんどの部位で使用することができます。

    審美性△/耐久性◎/清潔さ〇

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

メタルフリー

金属を使わないメタルフリー治療

セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材による白い被せ物や詰め物は、見た目の美しさに加えて、金属アレルギーや金属イオンによる歯茎の黒ずみを解消します。メタルフリーのメリットは「金属を使わないため、金属アレルギーの心配がない」というのが大きいですが、デメリットとして多くの場合が自費診療になることがあげられます。詰めてある金属が黒く変色していた場合は、その金属がイオン化して、口の中に溶け出している場合が多くあります。

また、金属アレルギーか判断が難しい場合も多くありますので、皮膚科でパッチテストと呼ばれる検査をしてもらって、金属アレルギーであるならば、原因の金属を特定してもらうことが出来ます。銀歯などの金属が原因の「金属アレルギーで悩まれている方」「ご自分の健康への意識の高い方」「銀歯の見た目が気になる方」などにオススメです。

「病院に行っても治らない」「できものができる」
「アトピーが治らない」など…
あなたの皮膚の湿疹、かぶれ、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、関節痛、慢性疲労はお口の中の金属の詰めもの・被せものが原因かもしれません。
歯科で使う銀の詰めもの・被せものによって、金属が溶け出し体内に蓄積していきます。慢性的な症状が続きますが、あいまいで明確な症状がきちんと出ないために、状態が悪化する危険性があります。
以前使われていたアマルガムと呼ばれる詰めもの(主成分は水銀)や保険の銀色の詰めもの・被せもの(ニッケル、コバルト、パラジウム)は特にアレルギーを起こしやすいと言われています。

もしかして「むし歯かも?」

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

ファイバーコアとメタルコア

大きなむし歯や歯の破折、再治療などにより歯に十分な量の歯質が残っていない場合の治療として、「コア」という人工の歯の土台で歯を補強する必要があります。
目立たない部分ではありますが、人工の歯をしっかり支えるためにとても重要なのです。コアにはいくつか種類がありますが、治療色や強度、体に優しい素材など目的に合わせ素材を選ぶことができます。

ファイバーコア

グラスファイバーのピンで補強したレジン(プラスチック)の土台。
歯質とより近い性質なので、メタルコアと比較すると歯質や接着剤とも一体化しやすいのが特徴です。
硬さや弾力性が自然な歯に近いので強い力がかかった場合も歯根を壊しにくく、歯質の大部分を失った歯の治療により適した土台です。

ファイバーコア

メリット

  • ●強度が高く、耐久性がある
  • ●硬さや弾力性が天然歯に近いので、歯根が破折しにくい
  • ●光の透過性や白さが天然歯に似ている
  • ●金属を使用しないので、歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がない
  • ●歯を削る量が比較的少ない

デメリット

  • ●保険治療外のため、レジンコアやメタルコアより治療費用が高い
  • ●吸水性があるため、二次カリエス(歯と詰めもの・被せものの間からむし歯になること)を起こしやすい

メタルコア

保険治療で最も一般的に使用されている金属の土台。

メタルコア

メリット

  • ●コアの強度が高い
  • ●保険適用のため治療費用が安い

メリット

  • ●金属は歯より非常に硬く弾性がないため、歯根が破折することがある
  • ●ファイバーコアやレジンコアより歯を削る量が多い
  • ●金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がある
  • ●金属なので光が透過しないため、自然な透明感を再現しにくい

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

ホワイトニング

ホワイトニングとは?

歯の表面を削ったり、溶かしたりするのではなく、ホワイトニング材の成分が着色物質を分解するので、自然な白さを実感することができます。

しかし、ホワイトニングの効果は単に歯を白くすることだけではありません。白い歯を手に入れた患者さんはもっと健康になりたいという意識が高まります。また、補綴(ほてつ)や矯正治療を行う患者さんは、よりキレイにとの想いを持っており、ホワイトニングはそれに応えることができます。このようにホワイトニングは、そのほかの診療と相互関係を保ち、患者満足度をより高めることができます。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

患者さんにやさしいオフィスホワイトニング材

オフィスホワイトニングは、その日のうちにホワイトニング効果が求められるため、高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要がありますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏など有害事象発生のリスクも高まります。「ティオンオフィス」は新技術「可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)」の応用により、比較的低い過酸化水素濃度での高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。

【1セット2回】 約1万7,000円~約1万8,000円

「V-CAT(可視光応答型光触媒)」により、高い漂白効果と低刺激性の両立

リアクターに含まれる可視光応答型光触媒(V-CAT)は、光照射されると電子を放出し、過酸化水素と反応します。このことにより、ヒドロキシンラジカルがより多く発生し、着色物質を効率よく分解します。このため、ティオンオフィスの過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度でありながら、高いホワイトニング効果を実現しました。

※本製品は、豊田中央研究所が開発した可視光応答型光触媒V-CATを使用しています。

V-CAT

安全な光波長域で反応
一般的に二酸化チタン光触媒は、人体に対して有害とされている紫外線域の光にしか、ほとんど反応しません。しかし、ティオンオフィスに採用している可視光応答型光触媒(V-CAT)は、二酸化チタンの酸素の一部が窒素に置換されることによって、紫外線域の光だけでなく可視光線域の光にも充分に反応し、歯科用照射器を使用したホワイトニングへの応用が可能になりました。
安全に使用できるシステム
ティオンオフィスは過酸化水素を安全に歯面に作用させるための工夫がなされています。歯肉保護レジンはホワイトニングジェルの歯肉への付着を防ぎます。また、ホワイトニングジェルはシリンジAとシリンジBを接合してジェルを混合し、直接ディスポーザブルファイバー付きチップから塗布できるため、安全にお使いいただけます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院で作成したマウスピースにホワイトニングジェルを入れて、お家で手軽に行えるホワイトニングのことです。

ホワイトニングの安全性

ホームホワイトニング材は、歯への影響を考慮し、pHが中性に保たれています。また、成分である過酸化尿素10%は、歯肉の消毒剤として使用されていますので、歯や歯肉に対して安心してご利用いただけます。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果は個人差があり、永久的ではありません。少しずつ色戻りしますので、白さを持続するために定期的なメンテナンスをオススメします。約半年~1年の間に医院に再来院し、タッチアップについてご相談ください。そこで追加のホワイトニングジェルをご購入いただき、またお口の中のメンテナンスや、歯のクリーニングを行うことで美しい口元を長く保つことができます。

ホームホワイトニングの流れ

STEP1 使用法の説明・検査

STEP1
使用法の説明・検査

歯科医院にて、使用方法・注意事項の説明、口腔全体の検査と適応症の診査をします。
※歯の状態が健全でない場合、治療が完了してからホワイトニングを行います。

STEP2 歯の色調検査

STEP2
歯の色調検査

歯の色調診査を行います。そして、歯列に合ったカスタムトレイを作製します。 ※完成したトレイの装着具合を確認し、トレイへのジェルの付け方などの使用手順の説明をします。

STEP3 ご自宅での使用を開始

STEP3
ご自宅での使用を開始

自宅にて、トレイは使用前に洗って下さい。
シリンジ先端のキャップをはずし、トレイにジェルを注入します。

STEP4 ご自宅での使用方法

STEP4
ご自宅での使用方法

トレイに適量のジェルが付いたことを確認し、歯にセットします。
トレイの外に出た余分なジェルは歯ブラシか指で取り除いて下さい。
一回最長2時間、12本分を2週間で使い切るのを目安にして下さい。

STEP5 ご自宅での使用中の注意点

STEP5
ご自宅での使用中の注意点

終了後はトレイをはずし、お口の中を十分に水ですすぎ、歯ブラシでジェルを取り除いてください。また、トレイも歯ブラシを使って水洗いし、水分をよく拭き取ってからケースに保管します。
※2週間のホワイトニングを行った後は、必ず再来院し医師の診断を受けて下さい。

UltraEZ
知覚過敏抑制剤 UltraEZ ウルトライーズ
ホワイトニングを行うと知覚過敏のような痛みが発生する場合があります。その場合はホワイトニングを一時中止したり、痛みの抑制剤を使用することで緩和されます。知覚過敏を抑制するために、ウルトライーズのジェルには硝酸カリウム(持続性)が含まれています。また、当院ではオフィスホワイトニングの後に、オプションとしてウルトライーズの塗布を行っています。

UltraEZ

カスタムトレイの場合/(ホームホワイトニング)
  • ●STEP.1
    ホワイトニングで使用しているトレイにウルトライーズを注入。
  • ●STEP.2
    15分~最長60分まで装着。
カスタムトレイがない場合/(オフィスホワイトニング)
  • ●STEP.1
    ウルトライーズトレイを、歯の中心に合わせて装着。
  • ●STEP.2
    外容器のトレイをはずす。
  • ●STEP.3
    15分~最長60分まで装着。

SHINAGAWA DENTAL CLINIC

審美歯科治療例

画像をクリックすると治療例が見れます。

セラミックインレー法

セラミックインレー法

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法

ハイブリッド法

ホワイトニング

ホワイトニング

ラミネートベニヤ法