岩見沢市南町にある歯科医院|品川歯科クリニックです。インプラント・審美治療・矯正歯科などの治療を行っています。

品川歯科クリニック
home access
予約制・急患随時受付
歯科一般 インプラント 矯正歯科 審美歯科

当院では、より安全でより正確な治療を行うため8月より通常のレントゲン撮影と共にCT撮影を行うことにしました。 下図の様に3次元的な画像解析により、今までのレントゲン画像のみでは難しかった診断も容易に行うことが可能になります。尚、当院で治療される患者様には、特にCT撮影料金は頂きませんが、CTの撮影を希望されない 患者様は前もってスタッフに申し出て下さい。

Mobile site モバイルサイト アクセスマップ

【医院名】
  品川歯科クリニック
【住所】
  北海道岩見沢市南町7条
  1丁目2-13
【TEL】
  0126-32-8211

あなたの歯が生まれ変わります。
 
インプラント」は人工歯根のこと。失った歯の代わりに人工歯根を頬の骨に埋め、その上に人工の歯を被せ機能を回復させる治療法です。 インプラント治療で作られた歯は第二の永久歯とも呼ばれ、見た目も噛み心地も自然で、入れ歯やブリッジに代わる歯を失った方への画期的な治療方法として定着してきています。

img-implant-img06

インプラントの構造

インプラントの構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)の二つに分けられます。 この上に上部構造補綴物(人工歯)を被せます。 顎の骨に人工歯根となる金属を埋め、その金属を土台にして、人工歯を被せます。インプラントは人体との親和性が高いチタンでつくられているので金属アレルギーの方も安心です。 インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に安定した人工歯を被せることができます。天然歯のような審美性と、これまでの入れ歯やブリッジでは難しかった自分の歯のように噛めるという機能性が回復します。

d

術前検査(CT検査とコンピューター診断)

インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。レントゲン、口腔内写真撮影などによる充分な検査、診断を行い、顎の骨の状態などをチェックし、場所や骨量に問題はないか、インプラントの埋入手術が可能かどうか検討します。必要に応じてCTスキャンなどの精密検査を実施します。
CTとはコンピュータ断層撮影(computer tomography)の略で、X線とコンピュータを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。断面画像は、最先端のコンピュータシステム(simplant)に取り込まれ、コンピュータの画面上で骨の状態を見ることができ、この画面を見ながら骨に合った長さや太さのインプラントを選択し、安全に治療できるシステムです。
当医院では(医)岩見沢脳神経外科さんを提携病院とさせていただいております。そこでCTを撮影していただき、その後コンピュータ解析をしていきます。

g

他治療との比較

  入れ歯 ブリッジ インプラント
img-implant-table01 img-implant-table02 img-implant-table03
メリット
img-implant-table04
比較的簡単に治療が受けられる。
通常の入れ歯なら治療費が安い。
固定式なのであまり違和感がない。
セラミックで行えば天然歯のような審美性。
治療期間が短い。
自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
天然歯のような審美性。
周りの歯を傷つけない。
インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせ顔が老化するのを防ぐことができる。
メリット
img-implant-table05
噛み心地が悪く、硬いものを食べるときなど咀嚼に苦労する。
食べ物が入れ歯に詰まって口の中が不衛生になりやすい。
ガタつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じる。
バネがつくため見た目がよくない。
発音がうまくできない場合がある。
あごの骨がやせて、老けた印象を与える。
ブリッジを支えるために両端の健康な歯を削らなければならない。
支えになる歯に大きな負担がかかる。
ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、くちの中が不衛生になりやすい。
発音がうまくできない場合がある。
あごの骨がやせて、歯並びが悪くなることがある。
歯を抜くのと同じ程度の手順が必要。
重度の糖尿病など全身疾患の状態によっては、行えない場合がある。
一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高い。

インプラント治療の流れ

1、無料カウンセリングと術前検査

十分なカウンセリングを行った後、レントゲン、口腔内写真撮影などから最適な治療方法を診断し、 今後の治療計画、費用など説明します。
不安なことがある時はどんなことでも遠慮なくお話しください。

img-implant-arrow01

2、インプラントの埋込手術

img-implant-table06
ドリルで表面の骨を削る
img-implant-arrow02 img-implant-table07
インプラントを挿入するための
穴を作る
img-implant-arrow02 img-implant-table08
インプラントを挿入

インプラントを顎の骨に埋め込みます。手術は1回で行う1回法と2回に分けて行う2回法が有ります。
1回法は顎の骨が硬くて量も十分ある方に向いている方法です。
患者さんの希望と口腔内検査の結果を考慮し医師が適した方法を判断します。
手術は無痛麻酔で行うので、痛みはありません。

img-implant-arrow01

3、結合安定期間

インプラントと顎の骨がしっかりと結合するのを待ちます。骨の状態により異なりますが通常は2~3か月で安定します。

 

4、人工歯の装着

噛みあわせを確認しながら人口歯を装着。インプラント治療の完了です。

img-implant-table09
人工歯の装着
img-implant-arrow01

5、メンテナンス(定期検診)

インプラントを長く機能させるためには自分の図と同じように正しいケアが必要です。
治療後は半年に1度の定期検診を受けてください。
検診では、噛み合わせのチェック、インプラント周囲の歯周病予防、正しいブラッシング法の指導などを行います。

治療期間
 
最終的な歯が入るまで、下顎で3~4ヶ月、上顎で4~6ヶ月というのが平均的な期間です。
上顎は下顎に比べ骨質がやわらかいので少し時間がかかります。
また、インプラントを埋め込む部分に十分な骨がない場合は、骨量を増やす手術(ソケットリフト法)が必要となります。

保証制度
 
インプラント自体は材質的にいえば、半永久的なものです。製品の向上・医学の進歩により、手術の成功率は100%に近い水準に達していますが、最終的な寿命は患者さんのお手入れ状態によって決まります。
手入れが悪いとインプラントの寿命も短くなります。
技術的な問題によるインプラントの失敗は通常1年以内に起こることが多いようですが、当院では7年以内のトラブルにつきましては無料で対処させていただきます。
ただし、当院の定める定期健診には必ずお越しください。
定期健診では、お口の状態のチェックとともに正しいブラッシング方法を丁寧に指導いたします。
尚、メンテナンス(定期検診3ヶ月~6ヶ月に一度)に応じて下さらない場合の不具合につきましては、保障期間内であっても一部又は全額有料となりますのでご注意下さい。
7年目以降は下記の通り患者様にご負担いただきます。

患者様負担額
 
7年目/無料(患者様負担)
8年目~/20%(患者様負担)
9年目~/40%(患者様負担)
10年目~/60%(患者様負担)
11年目~/80%(患者様負担)
12年目以降/100%(患者様負担)

当院では7年以内のトラブルにつきましては無料で対処させていただきます。
ただし、当院の定める<定期健診>には必ずお越しください。

他医院でインプラントが難しいと言われた方へ
 
インプラント治療は骨の成長期にある子ども以外は条件が揃えばどなたでも受けられます。
ただし、血液の病気や糖尿病などをお持ちの方は治療を受けられない場合があります。
また、治療には顎の骨が十分にあるかどうかが重要です。 インプラント治療行うにあたり、必要な歯槽骨の幅や高さがない場合はソケットリフト法やサイナスリフト法などの骨の再生手術が必要になります。
これらの手術は非常にハイレベルな技術が必要になるので、歯科医院によっては施術できない場合があります。
当院ではこれらの手術を含めた治療が可能です。
治療に不安がある方、他院でインプラント治療は無理と言われた方も当院の無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。
10年目以降/100%(患者様負担)当院では7年以内のトラブルにつきましては無料で対処させていただきます。
ただし、当院の定める定期健診には必ずお越しください。
定期健診では、お口の状態のチェックとともに正しいブラッシング方法を丁寧に指導いたします。7年目以降は下記の通り患者様にご負担いただきます。

back-to-top

Copyright © Shinagawa Dental Clinic All Rights Reserved.